同じ店の同じ台で二日かけて万枚抜いた話 前編



どうも!!お久しぶりです!

まんかつTVの、みやしろでぇ〜ございます。

ほとんど更新もしないままおざなりになっていたまんかつBLOGでしたがまんかつTVの活動再開とともに更新再開とさせていただきます。


ぶっちゃけもう僕も動画メインとして激しく活動してるので動画でやれよってこともありますがその辺はね?
色々あるのですよ。うん。色々。

まあ、許可等のない本当のノーアポ(ほぼプライベート)実践の事を称して突撃実践とまんかつTV的には称したいと思います。


今回のぉ〜実践機種はこちら、
13D02FC2-D996-46EA-BCD7-94AFD16C5E74.jpg
そう。バジリスク絆。

事の発端はお金のない僕がどうしても絆を打ちたくなって家から一番近い5スロの絆を探した事でした。


そして見つけたのは神奈川県大和市にある大魔人さんでした。

1日目11/23木

寝坊助のせいで僕が店舗さんに到着したのは14時過ぎ…  遅すぎw

ちょうど5スロの絆は前任の方がやめたところでした。

どうやら一台しかないようだ!

よし、すかさず取るしかない!!

そうして4000枚前任の方がもってヤメられたことにも気付かず着席…

座ってから気づくのですよ…

あれ、この台めっちゃハマって一撃4000枚弱だして即ヤメ…


うわぁぁぁ…

絶対1じゃんー!!

まぁ、久しぶりに楽しめればいっか。

そんな気概でまったり絆に着席。

実践を始めて数分。

いきなり誰かにに肩をトントン。

うわぁぁぁ、こりゃ下皿にメダルとか上棚に物とかで絡まれるやつか…

覚悟をして振り返ると……

店員さん「よろしければこちらお持ち帰りください」


にっこり笑顔の爽やかイケメンな店員さんがこれを差し出して言うわけです…


362F5903-23BD-4316-8AB9-512A2EA8736E.heic


ぬ?どら焼き?
僕は思わず目がハテナになります。

なに?これ、そういうサービス?
そういうイベント?


店員さんはそれだけ言って僕に手渡すとサッといなくなってしまったのでことの真相は謎のまま…


おそらくは前任者の方が端玉を景品に交換して誰かに渡してください的な事で僕のところに回ってきたのではないでしょうか。

景品にもしっかりありましたし。

金髪で僕目立ちますしすぐヤメた台に座ったその人ですし。

金髪でよかった。そう思えました。


もし、もしもですが万が一僕のことを知っていてあの人にってなったのならとっても嬉しいですなぁ。

まあ、そんなことはないでしょうしそうならそうでお声かけていただけるともっと喜びます。(強欲)


だれか、真相を知りませんかね笑


あ、ちなみにホールでもしも僕らしき人を見かけたら声をかけてあげてください。
気は使わないでいただいて結構ですので、ジャンジャンお声掛けいただけると泣いて喜びますので。

ちなみに僕の実践(告知のない突撃実践)に関してはホール様から許可等いただいていないので実践中などは色紙等で告知ができません!!

ただわかりやすい見た目ですので気がついたら声をかけてあげてください!



そんな嬉しい出来事をよそに台の方は天井到達。

BC天井ですが、これで2回目、2連続です。

052B9009-289D-462D-8262-21B225B4D875.heic


そしてこの天井BC、同色・チャンスボイス・黄色LED。

ワンチャンあってもいいのじゃないかと、モード判別は一回取りやめ弦之助で消化しようかと。


ちなみに僕は設定狙いの場合は朝しばらく弦之助消化をするのですがその他の場合朧消化でモードを判別しています。

ただ、当たりそうだなぁ。って時とか確定した時は弦之助での消化をするんですが、今回はぶっちゃけ悩んで弦之助にしたんです(天井行ったくらいだしモードもBっぽく動いてましたし)


突然の1ベル告知!!!


動揺する僕。

そうです、僕はこのBCで当たるなんてほとんど思ってもいなかったのです。

ただ、引いて見て納得。

やはり奇数かと。

前任者のグラフはテーブルNでも引いたんじゃないかってくらいのどんハマりからの大逆転。


やはり1の誤爆だったかと。

そうして入ったBT中もやはりポコポコ高確がやってくる。

ストックはできないものの上手に高確を生かしていく僕。8AF0F91E-43E1-4897-8B8E-BE28323A4702.heic


この時点で投資は捲り、ちょいプラ域。


うーん…

どうせ設定ないしなぁ…

もしかしたらちょっと先の某遊べるデ○パラにでも行った方が楽しい思いをできるかも…


ただなぁ、どら焼きもらって即ヤメってのもなぁ…



どら焼きのおかげでなんとか僕は思いとどまり推定1の絆を打ち続けることにしたのです。


続くヨ。


この記事へのコメント